いろいろかんがえる

1匹の黒猫と多頭飼い崩壊の現場からレスキューされた目の不自由なウニと交通事故で半身不随の信玄と三女との生活です。

一言で人を不快にさせる技術

私の父は、一言で人を不快にさせることができる。

 

今朝もそうだ。

 

分からないことがある私が何をしていても私のところにきて、いろいろ聞いて頼んで

 

行くくせに、今朝私がじいさんの集めた落ち葉をごみに出していいのかと聞いただけな

 

のに返事がない。

 

だから、ごみに出したのだが

 

「ごはん食べているんだから、今そんなこと。

 

勝手にやったらいいだろう。」と言われた。

 

その一言でムッとなった私は「返事くらいしたらいいでしょ。

 

今だってご飯食べているのにそんだけ話せるんだから。」と言った。

 

でも、うちの爺はそういうやつなのだ。

 

だから、誰からも見向きもされずに私が同居しているのだが

 

こっちが精神をやられそうです。

 

この調子でいつも嫌味で返してくるので、胃の調子も悪く内科に通い始めたし

 

心療内科にも予約を入れた。

 

娘が「ママ、ちょっとおかしいよ」と言うので、行くことにしたが

 

自分でも自覚症状がある。

 

私は、ボケているのにこんな嫌な、人に嫌われるような一言をすぐに言えるような人に

 

はなりたくない。

 

一言で人を不快にさせるってなかなかできることではない。(笑)

 

まぁ、世の中にはすぐに人を不快にさせる人が電車に乗っていたりしますが

 

実際に考えてみて、自分でできるものではない。

 

だから、娘の所でもよく話すのだが「あんなに人を不快にできる人っていないよね。」

 

だから、だれも電話に出ないで、出ても「馬鹿野郎!!」で終わる。

 

私だけではない。甥っ子も姪っ子も爺からの電話にはもはや誰も出ない。

 

だから、携帯を解約した時にはほんとにみんなに感謝された。笑

 

一言で人を不快にさせるって多分頭がいいのだ。

 

これを言ったらこの人は絶対に不快になるって分かっていないとだめなのだから。

 

今じゃボケてしまって、風呂にも一人では入れないのに

 

人を不快にさせる技術は今でも健在です。

 

だから、母がこの人と一緒に暮らしていなければもっと長生きできただろうなと

 

言われるゆえんです。

 

私もこの人に心も体も殺されないように気を付けないとと今更思っているのです。

 

この人の血が流れているんだから、気を付けないとです。