いろいろかんがえる

1匹の黒猫と多頭飼い崩壊の現場からレスキューされた目の不自由なウニと交通事故で半身不随の信玄と三女との生活です。

体調を崩していました。

それで、ER(救急外来)にお世話になったのですが

 

そこでは都内の数少ない発熱外来のあるPCR検査をしてくれる病院ということもあり

 

夜なのに結構ひっきりなしに人が来ていて

 

私は薬のアレルギーで5日くらい前から寝られずに真っ赤にただれ

 

かゆくて、ひどくなってきたので受診したのですが

 

実際には、担架で運ばれてくるお年寄りが多くて、トリアージ的には私は待たされ

 

3時間くらいかかった。

 

それでも、見てもらえるだけでもありがたく、先生たちは院内携帯でひっきりなしに呼

 

ばれるわ、何人もの看護師さんがいろいろ尋ねてこられるし

 

途中で途切れること何回も。

 

若いこれから成長していくであろう頼もしい先生方。

 

でも、このコロナの時期とあって、外食も禁止されているし

 

食事中も会話は厳禁、無言でコンビニご飯を食べている姿が浮かんできます。

 

先生たち、看護師さん、事務の方々、夜勤の方々、ありがとうございます。

 

私に皮膚科の受診を勧めて紹介状を書いてくださっている先生の左手の親指は

 

先生が癖で皮をむくので、第一関節まで皮がずる向けて

 

私の頭には「医者の無養生」という言葉が浮かんできて。

 

あなたたちがいるから、私たちは安心して働けるのです。

 

自分たちは大丈夫と思っているのか、いくら言っても聞かない我が国の政治家。

 

この期に及んでも、年末の会合を止めようとしない某総理大臣。

 

日本全国で今頑張ってくださっている医療関係者の方々。

 

そして、常にPCR検査に携わっている方々。

 

 

そんな中でも、日本のただ一つの正しい正義を見ているように感じます。

 

また今回特にお世話になった多摩総合医療センターの方々、

 

発熱外来で身の危険も顧みずに

 

コロナの検査を日々してくださっている、若い女医さんをはじめ

 

医療関係者、本当にありがとうございます。

 

 

どこもかしこも中国製品

猫グッズを買う事が多い。

 

それは必要に迫られて買うのですが。

 

最近買ったものは、猫のベッド、猫の爪切り。

 

自分のPCで、大手の市場で検索して買っていますが

 

購入するとすべて中国製品。

 

申し訳ないが、「えっ」て思う事が多い。

 

爪切りは、すぐ壊れるし、猫ベッドは変なにおいがしたり

 

すぐに変色。

 

買う時に見たカタログ写真とはおお違い。

 

もう日本製品を購入することはできないのでしょうか?

 

人間のものはきちんと見るとどこの製品か分かるけれど

 

猫のものとかは、どこの製作品かなんて書いてもいないし。

 

単価が安い中国製品になってしまうのはしょうがないことでしょうが

 

高くてもきちんとした日本製を買いたいと思う人も多いと思うのです。

 

一生もので壊れないというもの。

 

いま地球はプラスチックのごみや捨てられた化繊の洋服でいっぱいです。

 

生活を見直して、数少なくてもいいものを使う生活に戻らなくてはいけない。

 

昔の日本の様に買い物かごを持って買い物に行く生活に戻っているように。

 

簡単に安価で手に入り、簡単に捨てられる生活はやめないといけませんね。

 

このコロナで断捨離した生活を維持していかないといけません。

 

日本製の猫の爪切り、どこかにないかなぁ。

 

 

 

一言で人を不快にさせる技術

私の父は、一言で人を不快にさせることができる。

 

今朝もそうだ。

 

分からないことがある私が何をしていても私のところにきて、いろいろ聞いて頼んで

 

行くくせに、今朝私がじいさんの集めた落ち葉をごみに出していいのかと聞いただけな

 

のに返事がない。

 

だから、ごみに出したのだが

 

「ごはん食べているんだから、今そんなこと。

 

勝手にやったらいいだろう。」と言われた。

 

その一言でムッとなった私は「返事くらいしたらいいでしょ。

 

今だってご飯食べているのにそんだけ話せるんだから。」と言った。

 

でも、うちの爺はそういうやつなのだ。

 

だから、誰からも見向きもされずに私が同居しているのだが

 

こっちが精神をやられそうです。

 

この調子でいつも嫌味で返してくるので、胃の調子も悪く内科に通い始めたし

 

心療内科にも予約を入れた。

 

娘が「ママ、ちょっとおかしいよ」と言うので、行くことにしたが

 

自分でも自覚症状がある。

 

私は、ボケているのにこんな嫌な、人に嫌われるような一言をすぐに言えるような人に

 

はなりたくない。

 

一言で人を不快にさせるってなかなかできることではない。(笑)

 

まぁ、世の中にはすぐに人を不快にさせる人が電車に乗っていたりしますが

 

実際に考えてみて、自分でできるものではない。

 

だから、娘の所でもよく話すのだが「あんなに人を不快にできる人っていないよね。」

 

だから、だれも電話に出ないで、出ても「馬鹿野郎!!」で終わる。

 

私だけではない。甥っ子も姪っ子も爺からの電話にはもはや誰も出ない。

 

だから、携帯を解約した時にはほんとにみんなに感謝された。笑

 

一言で人を不快にさせるって多分頭がいいのだ。

 

これを言ったらこの人は絶対に不快になるって分かっていないとだめなのだから。

 

今じゃボケてしまって、風呂にも一人では入れないのに

 

人を不快にさせる技術は今でも健在です。

 

だから、母がこの人と一緒に暮らしていなければもっと長生きできただろうなと

 

言われるゆえんです。

 

私もこの人に心も体も殺されないように気を付けないとと今更思っているのです。

 

この人の血が流れているんだから、気を付けないとです。

 

 

 

 

 

大好きな看護師さんがコロナ病棟に

病院で働いていても、やっぱり看護師さんが雑用をしている私たちを下に見ている

 

態度と言うのがわかる。

 

でも、そういうなかでもみんな同じように接してくれる看護師さんもいて

 

私も尊敬している看護師さんが数少ないがいる。

 

しかし、この間その看護師さんが働いているところに顔を出したら

 

その人気のある大好きな看護師さんがコロナ病棟に異動になったと言われた。

 

うちの病院の裏にコロナ専用の病院ができたのだ。

 

ショックだった。

 

いい人が先に逝ってしまうといつも思っている私は

 

どうか感染しないでほしい。

 

元気で働いて、コロナが落ち着いたら戻ってきてほしいと心から思った。

 

嫌な奴ほど長生きする世の中だからだ。

 

仕事がてきぱきとできて、ひいきすることなく仕事をする姿勢に

 

あまり目立たないように優しさを感じさせてくれる姿勢に

 

こういう風に自分のならないといけないと改めて思っている。

 

あまりコロナの被害を身近に感じていなかったのですが

 

今回は本当に心から願っている。

 

どうか佐藤さん、無理しないで働いて感染しないで戻ってきてくださいね。

 

 

 

91歳になる父が

時々思い出したように、親の悪口を言っています。

 

もう91歳ですよ。

 

もう向こうの親の所に行こうという年ですよ。

 

色々、若い時の話を聞いていると苦労したのは分かります。

 

でも、苦労話って自分から言っては安くなってしまうんですね。

 

それを言わないでグッと我慢している寡黙なおじいさんというものが尊敬されるんで

 

す。

 

どんな苦労をしたか、私には計り知れないでしょう。

 

特攻に行きそびれたとか、親から愛されないで妾の子として育ったこと。

 

でも、それを愚痴って酒におぼれて、みんなに迷惑かけて嫌われて。

 

酒癖の悪いじじいという事になって、親戚中から疎まれています。

 

私はこの年になって、親に対する恨みつらみを今、父にぶつけていました。

 

大嫌いでしたから、同居なんてみんなから嫌がれて。

 

行くところのない私が同居ということになったのです。

 

でも、思いました。いつまでも恨みつらみを口にしている親って。。。。

 

いい加減、黙って墓場まで持って行けと。

 

それって、自分に言っている言葉でした。

 

もう、恨みつらみはやめて、ボケている爺さんにいちいち腹を立てていないで

 

受け流せと。自分に言い聞かせていました。

 

もう、墓場まで持って行こう。ボケた爺に何を言ってもしょうがない。

 

何も自分のためになることは返ってきませんから。

 

なんでも、反面教師です。

 

自分も変わらないとです。

 

 

 

 

胃カメラやってきましたが。大したことなかった。

行く前にネットで一応調べました。

 

麻酔で胃カメラをやるのと麻酔なしでやるのとどっちがいいか。

 

『苦しくて涙と鼻水とでぐしゃぐしゃ』と。

 

 

 

私は5分か10分で終わる胃カメラにそのあと30分から1時間休まないとならない、

 

車も運転しないでくださいなんて。

 

麻酔ありの胃カメラは嫌だとちょっと思っていたところに

 

先生の言葉。「最近、軟弱な奴がふえてみんな麻酔で胃カメラやるんだよな」

 

それで私は「麻酔なしでやります。」と答えていた。

 

 

でも、かえって調べてみたらちょっと後悔。

 

みんな、今は麻酔ありが当たり前らしい。

 

友達も「寝てるうちに終わるよ」って。

 

えっ、私麻酔なしだよっていったら「え~っ」って言われて心が揺れた。

 

 

 

でも、実際にやってみたら飲み込む時にちょっとえずくけど、

 

簡単に終わった。なんだ、拍子抜け。

 

娘も麻酔なしでやって何ともなかったよって。さすが私の娘や。強い!

 

読んだブログは何だったのか。あぁ、男の人のブログか。

 

軟弱な痛みに弱い男のブログや。

 

これだから、男はお産できないんだ。これくらいのことに耐えられない奴が

 

お産の痛みに耐えられるわけない。

 

絶叫する口だなと。

 

という事で胃カメラは、麻酔なしでも全然耐えられますよと。

 

これが私の感想です。

小児精神科で働いていますが

何でこの子が思春期精神科に入院しているんだろうと思う子が多いのですが。

 

女の子は拒食が多い。晩御飯もこんなに残して夜中にお腹がすかないのかとこちらが

 

心配になるくらい。綺麗なすらっとした子が多いのに。

 

食事をゴミ箱に捨てたり、食べても吐いたり。

 

だから、トイレも鍵がかかっていたり、ごみ箱が設置されていない子。

 

夜寝られない子、自分の感情の衝動を抑えられない子。

 

ずっと手を洗っていないとダメな子。風呂に入ってもすごい泡だらけで男の子なのに

 

女の子の様にいい香りでボディーソープもこれじゃすぐなくなるだろうと思われる子。

 

ずっと手を洗っているから、これじゃ家庭ではお母さんが参っちゃうだろうと。

 

嘘をつく子。友達とうまく付き合えない子。

 

ご飯は食べるのに、自分で食器が触れない子。もう大きいのにタオルを離せない子。

 

暴れてずっと叫んでいる子。腕に自傷行為の跡がたくさんある子。

 

高いところから飛び降り自殺を図って、腰の骨を折って入院してきた子。

 

 

 

どうしてだろう。退院して家庭に戻っても、また同じ状態になって再入院してくる。

 

家庭に問題があるとしか思えない。

 

子供が変な子って親も変。

 

子供って社会の縮図なんだろう。

 

親と言うか今の社会の大人の鏡なんだろう。

 

この世の中で健全に育つことの方が難しいような気がしている。

 

いい意味で神経の図太い子にならないと今の世の中生きにくいのだろう。

 

今日、お茶のCMを見ていて、あ、これって今までは春馬君のCMだったなぁって

 

思い出して、子供たちみんな元気に育つ世の中であってほしいなぁと思わずにはいられ

 

ないです。